++Diary++


チコの二日酔い日記
2008年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
タイプはずれが本命の法則
二日酔い度 ★

鼻声がちっともなおらない。
食べ物の味が、通常の7割くらいしか感じてないような気がする。
酒を飲んだら一瞬、頭がクラクラ〜とくる。
物事を判断する能力も、ちょっと鈍い。
要は風邪なのだが、私の風邪はいつもだいたい熱がバーン、と出て、病院の薬飲んで寝たらおしまい。というパターンなのに、今回はおかしい。
誕生日前なので、体力を温存しとこうと思うのに、朝はわりと早く目が覚めてしまうし。
こんなノロノロした頭のときが、私はいちばん哲学的になる。
適度に二日酔いのときもそう。
なんだか体はしんどいのに、脳内はいろんなことを考えている。
最近、私が発見したのは、『タイプはずれが本命の法則』である。
ま、これは簡単に言えば、いつも従順でおとなしい女ばかりとつきあってた男が、一回やかましくて我がままな女とつきあうと、ちっともタイプではないのに、どんどこ底なし沼にはまっていく、実はそれが本命だったのである、という法則である。
私はもともとデブ専だった。
まぁ私の恋のアルバムは、メタボリックな男の連続である。
上に乗られたら窒息しそうなくらい重たいのがいい。
それでいて筋肉質であらねばならないのである。
マメで身軽で、小回りのきくデブが有難い。
顔については、昔ヤセてたときははたぶん男前だっただろうな、と思わせてくれたらよかった。
冬でも汗かきだけど、見てて気持ちいいほどよく食べるし、なんだか温厚そうに見えるし。だからいいよね。おデブの男は。

でもでもでも。
彼の裸を見たとき、あまりの美しさに私は見とれてしまった。
彼はほぼ毎日筋トレを欠かさず、お腹が出ないように気をつけていた。
一朝一夕にはできない美しさ、というやつだ。
健全な精神は健全な体に宿る、とうのもあながち嘘ではないのだな、と思った。私は今まで男のからだ、というのを見たことがなかったのだ。
私はほれぼれと全身を見つめ、ふらふらと風呂場までついて行き、シャワーを浴びるのを眺めていた。
お湯がはじいて玉になる、その玉の均等さも絵に描いたようだ。
鍛えるとお尻ってキュッとなってんのね、鍛えると腕ってこんなに筋が出るのね。野性的なのね。
彼の意思も強さも生き方も、その肉体で体現されてたようだ。
なんだあの思うがままのぶよぶよだったヤツらは。
理性がないのか、理想がないのか。
今となってはちゃんと呼吸が出来てたのかどうかもわからない。
すごいな私、男の裸見ながらどんどん新しい発見するぞ。
しかし恐ろしいことに、私が許した細い筋肉はこの人一人だけ。
あとにも先にも一人しかいなかった。
そして、この例外のたったひとりの細い筋肉が本命だったのだ、と私は喜ぶのである。
ぽっちゃりした女の子が好きだったのに、痩せた女にはまったあなた、上品な女が好きだったのに、庶民的な女の子にはまったあなた、はっきり言いましょう。それが本命です。
あなたは自分の理想でも好みでもないところで、はじめてその人に恋をしたのです。
私のまわりでも「全然タイプじゃないねんけどな〜」と言いながらのほうが、みんな続いてるような気がする。



2008年2月19日(火) No.594

退廃的な・・・
二日酔い度 ★★★

今週土曜日で33歳になる。
サザン、だからうれしいな♪と言ってるけど、33歳、どうしよう。
全然成長しないな。
昨日、ゴハンに連れてってくれたTサンは、もう10年来のお客さんだけど、チコさん(私をさん付けで呼ぶし敬語交じりでしゃべってくれる奇特な人)は全然変わらないね、と言われた。
変わってますよ。いろいろと。
そりゃあいろいろありましたもん。
23歳から本格的に水商売で食べるようになってから10年間、
死ぬほど楽しいこともあったし、死ぬほどかなしいこともあった。
私の人生の予定では、30歳で水商売をやめてるはずだったのに。
自分で店なんてやっちゃったら、これはもう8割がた、女の幸せを捨てたと言ってもいい。
不思議なことにホステス稼業を長く続けてゆけばゆくほど、どんな素晴らしい女性であっても、どんどん結婚の二文字からは遠ざかっていく傾向にあるような気がする。
独りでも面白おかしく暮らせるという自分の内面の変化と、周りの自分に対する評価が、知らず知らず結婚を遠い世界のものにしてしまう。
私もだんだんと、いろんな意味での責任感みたいなものが出てきて、なかなか店をやめる勇気もない。
目の前を、みんなが結婚して幸せになっていくのを見つつ、どうにもできないもどかしさ。
なお悪いことには、「結婚なんてしなくてよかった」というエゴイズムが涌いてきて、それによって自分も周りも納得してしまうことだ。
でもガンバルよ、かあさんは。
きっといつかぬか味噌臭い女になってることを夢見て。



そうですお花はどうかスタンドじゃないやつでお願いします<(_ _)>
ジャックがまたウルサイので。
そーいやジャックのこと、最近忘れてた。
たぶん向こうもだいぶん慣れたんでしょう。
人間が持っている慣れ、という能力は素晴らしいね。



2008年2月20日(水) No.595

お願いジャッキー!!
二日酔い度 ★★

全国のジャックファンの女子高生のみなさま、お待たせしました。
私、昨日、不覚にもジャックの店に行ってきました。
行かされるハメになった、というか。
上田サンというお客さんがいるのです。
白髪で、ちょっと変わってて、全部敬語で、どこの出身かしらないけど大阪弁じゃなくって、中島みゆきとニューハーフをこよなく愛していて、恐ろしく頭のいいオッチャン。
この人のホームページを一瞬見たけど、コンピューターの何やらを研究・発明してその道では本当にすごい人みたい。
そして上田サンは1階にたまに行ってはるみたいで。
昨夜、上田サンは1階で飲んでから、ウチに来てくれたというわけ。
べつに私達が何も言わないうちに、ジャックがこんなことを言ってましたよ、といろいろおしえてくれて、上田サンから話したのかジャックが言うてきたのかはわからないけど、そんなことどうでもいい。
最近忘れてたのに気悪いなぁ・・・でも私はジャックの気持ちもわかったし悟りも開いたことだし。何を言われてももうおそれることはない。
でもまさかまさか、行くことになるなんてしらないじゃん!!


上田サンが帰るとき下まで一緒に降りたら、上田サンが1階のドアを開けたので(間違って、じゃないよ)また戻るんやな、と思って「行ってらっしゃい」と言ったら「ママも行くんですよ」とあっさり。
そんなバナナ。私は入店拒否された女ですよ。ダメダメ。
「いいから、大丈夫だから」なにが大丈夫かわからない。
だいたい私は心の準備もできてない。
でも悪いことに、そのとき私はシャンパンでちょっと酔ってたのだ。
上田サンにうながされるまま、入ってしまった。
一緒に送った瞳子が心配そうに私を見た。
瞳子、大丈夫。
私は必ず生きて帰ってきますから。お国のためよ。
お客が一人いたけど、私達とほぼ同時に帰っていった。と、思う。
上田サン、私、ジャック。
一瞬、空気が重くなった。
上田サンは席に着くやいなや、「この人(ジャックのこと)はヘン子ですけどね、いい人なんですよね、もちろんママもいい人でね、1階で店をやるっていうことはですね、ヤクザも来るんですよね、追い返さないといけないしね、そりゃあ苦労ですよね、ママもわかってるんですよね」
おいおいオッサン、いや上田サン、飛ばしすぎ。
自分で何を言うテルノカ、アナタワカリマスカ?
私は今までこんな頑張ったことあるかな、というくらいの目一杯の愛想笑いで「そうですね、そうですね」と上田サンに相槌を打っていた。
そして「何回も間違ってドアを開けてごめんなさい」と言った。
ジャックは無言。
上田サンはナントカのストレート、私はジャックの水割りを注文した。
私が世界でいちばん愛してるジャック・ダニエルだぞ。
それとジャック、お前の名前とは何も関係ないぞ。
お酒が作られて、乾杯して、イチゴが出てきた。
上田サンはしゃべり続ける。
まるでケンカをした子供の仲裁をしてる新米の先生のように。
「まぁどうしたらいいんでしょうかね、こういう場合ね、二人ともいい人なんですけどね、ヘン子だしね、誤解もあるんですよね、何があったか私は知らないけどね、う〜ん」
・・・・・・・ジャックは無言。
先生、違うねん、先生何もわかってへん!
こういうとき、私達生徒は大変気まずい思いをしたものだ。
私はどうしていいのかわからないのでイチゴを食べた。
ジャックの切ったイチゴ。甘いのか。
とよのかか。さちのかか。
味がわからん。




さて、このあとどうなったでしょう?
 .献礇奪が打ち解けてしゃべってきた(^^)v
◆.献礇奪は無視し続けた(T_T)/~~~
 そして私は途方に暮れた

続きはまた明日。 






2008年2月21日(木) No.596

お願いしまスミダ。
二日酔い度 ★★

ちょっと酔った私と、めっちゃ酔ってる上田サンと、ジャックの3人のたぶん15分〜20分くらいの物語・・・・・・???


先に言うと昨日の正解は△鉢。
私はちょっと意地悪に
「マスターはいつも何の本を読んではるんですか?」
と、どうでもいいことを聞いてみた。
シ〜〜〜ン。(無視。)
上田サンがすかさず言う、「あのね、ママそれは、聞いてはいけないんですよね、盗まなきゃ、それはね。」
上田サンもだんだんこの空気に耐えられなくて、しまいには何をしゃべってるのかわからなくなってきたようである。
「ボク、このトシになって風俗デビューしようと思うんですよ」
知るかい!
「ボクは冗談酒場(周防町にあるじょうだんパブというニューハーフのショーパブ)ではなぜか必ずVIP席なんですよね、ハハハ〜」
知らんがな!
「とにかくマスターは騒いでほしくないんですよね、1階としてはね、やっぱり、騒がれるとね」
あいすいません。騒いだ私が悪うございました。
とにかく私達は異常な空間を作ってた。
なんせこの間、ジャックは何をしてたかというと、ちょっと離れたところでグラスを拭いたり、私達はいないかのようにずっと無視していたのだ。
上田サンがジャックに何か聞いたときも無視したので、そのときはよっぽどコイツ言うたろか、と思ったけどやめた。
それにしてはちょっと酔いが足らんかった、というのもあるけど、もう私はコイツとはかかわってはいけないな、と思った。
早くここから立ち去りたい。
早く。早く。一瞬もここの空気は吸いたくない。
人間の防衛本能、というやつですね。
上田サン、ごめんね。
せっかく誘ってくれたのにね。
でも人の心は0と1で出来てないわ。
コンピューターのプログラム通りにならない。
私達はいつもきっと何かのウイルスに侵されて生きてる。
そして私とジャックは死ぬまでリンクすることはないのだ。
ジャック・ダニエルを一気に飲み干して、上田サンにごちそうさまして、ヤツにも「ごちそうさまでした」ととびきりの笑顔で(になってたかどうか・・・)私は立ち去った。
まぁね。私いろんなこと思いましたね。
ジャック、お前もしんどいやろ。
お前はバーじゃないのにバーと名乗るな、と言いたいらしいけど、外国では酒場は全部バーと言うんじゃい。
プライドあるんやったら金もらうんやったらどんな客にでも頭下げんかい。
お前は一生、氷割っとけ。
ヘンな女にだまされて一生働け。
ボクはボクの道をいきます。
あなたも、あなたの道をね。

2008年2月22日(金) No.597

すびばせんっ!!
じつは先週金曜日からパソコンがぶっ壊れました!!
今修理中で、来週半ばくらいには復活予定です。。
(新しいパソコンも買ったなり)
これは今、知り合いのバーで書いてるなり。
待っててね!!
2008年2月29日(金) No.598

Page/ [1] [2] [3]

[日記管理] [TOP]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.10
CGIレンタルレンタル掲示板 Net4u